腎臓病は多くの人が発症する可能性の高い病気

男性医師

腎不全を学習する

女性医師

腎臓疾患患者の今後

腎臓病は毎年増加している疾患です。原因はメタボリックシンドロームや生活習慣病だと考えられています。今後も増加が予想される腎臓病ですが、ではどんな未来が予測されるでしょうか。腎臓病が増加することで、寝たきり患者の増加が予測されます。なぜでしょうか。腎臓病の進行は、腎機能の低下を意味します。では腎機能が低下すると何が困るのでしょうか。腎機能の低下は貧血や倦怠感といった症状につながります。貧血になると足元がふらつくようになり、転倒する危険性が高まります。高齢者の場合、一度の転倒で寝たきりになる場合があります。倦怠感は活動性の低下につながり、高齢者が足腰を使う機会を減少させます。足腰が弱ってしまうことで寝たきりにつながってしまいます。

腎臓検査

腎臓病が増加する現在、早期に腎臓の機能低下を知り治療を開始することが予後を大きく改善します。では腎臓の検査にはどんなものがあるでしょうか。腎臓の検査には尿検査や血液検査などがあります。尿検査は尿の中のたんぱく質を調べています。人間にとってたんぱく質は重要な物質で、ふつう体外に排出はされません。しかしそれが尿中に排泄されるということは、それだけ腎臓の機能が低下していること意味します。血液検査ではクレアチニンを見ます。クレアチニンは老廃物の一種です。そのため正常な腎臓ではしっかり排泄されているはずです。血液を検査してクレアチニンがたくさん見つかるということは、尿の中に排出できていないことを意味し、腎機能が低下していることを示します。

健康的な食事と腎臓

ガーデニングする老人

腎臓病を発症することで体には様々な負担がかかります。ある程度まで腎機能が低下してしまうと発症前までの状態に戻すことは困難なので日ごろから塩分やたんぱく質を控えた食事を心掛け、適度な運動をするなど規則正しい生活を心掛けることが大切です。

詳細へ

知っておこう腎臓のこと

女医

腎臓病は高齢化や生活習慣病により今後も増加すると予測される。透析患者も今後増加し、医療費は増大すると予測される。血圧の上昇は腎機能の低下につながり、それがさらなる血圧の上昇を招くといった悪循環の関係が、腎臓と高血圧の間にはある。

詳細へ

自覚症状がない腎臓の病気

ドクター

腎臓病の中には腎炎やネフローゼ症候群などの病気があります。このような病気をほおっておくと、透析治療や最悪になると腎臓の移植をしないと助からないことにもなりますから、定期的な健康診断や血液検査を行うようにしてください。

詳細へ